美大予備校に通えば必ず合格できる|夢への第一歩

受験に向けての論述対策

作文用紙

様々な切り出し方で書く

小論文を学習する際に一つの課題となるのが、書き出し方をマスターすることです。限られた時間内に小論文を書き上げるためには、スムーズに書き出すことが求められます。小論文の書き出しには特にルールはなく、自身の好きなスタイルで論述を始めるのが一般的です。与えられたテーマによっても、書き出し方は変わってきます。自身の立場を打ち出して論じる課題は、書き出しで迷うことも少ないと言えます。賛成や反対の意見を表明して、書き出すと大体において最後まで調子よく論じることが出来ます。書き出す前にある程度自分の立場を決めておくのが、スムーズに論述に取り掛かるための方法です。具体的な対策としては、色々な文章に触れることなどが挙げられます。他人の文章の書き出しを見ておくと、概して新たなヒントが得られます。取り入れられそうな表現を幾つかストックして、本番に備えると効果的です。書き出しでつまづいても、文章を書き進めていくうちに論理性が出てくる場合も多々あります。ですので、良い書き出しをしようと無理をしないことも、意外に重要です。文章を書くことに慣れていると、自然に書き出しが浮かぶようになります。小論文を上手に書くためには、文章に対する慣れも必要です。採点を行う担当者は、文章全体の印象や内容をチェックしています。ですので、書き出しなどの細かい点にこだわるよりも、本文の内容を出来るだけ良くする方が高い評価が見込めます。